2017-6-27 ²Ð
NEW
チュアチュアの話

以前にも取り上げた、ニュージーランド・クラウディーベイ。今回はこの海で採れる「チュアチュア」という二枚貝のお話です。 日本では、アサリやハマグリを生食する文化はあまりありませんが、アメリカや南半球のオイスターバーなどでは […]

[続きを読む]
2017-6-20 ²Ð
レイニアチェリーの話

見た目が日本の佐藤錦によく似た大粒のサクランボが、アメリカにあるんです。今回は「レイニアチェリー」のお話です。 アメリカ・ワシントン州が主な産地のこのサクランボ。あまり聞きなれない名前かもしれませんが、このネーミングはワ […]

[続きを読む]
2017-5-9 ²Ð
バジルシードの話

唐突に、牡蠣や当店とかけ離れますが、今回は「バジルシード」のお話です。 最近巷では、健康食品として知られ始めたバジルシードや「チアシード」という名前を耳にします。これらには「オメガ3」という、体内では作ることのできない、 […]

[続きを読む]
2017-4-25 ²Ð
FISH HOUSEの甘鯛の話

「甘鯛」または「尼鯛」、京都や福井では「ぐじ」と色々な呼び名がある高級魚。今回はFISH HOUSEに届けられる、甘鯛のお話です。 冬から春先にかけて当店では、京丹後の鮮魚を使うフィッシュパエリアの魚を甘鯛に変更すること […]

[続きを読む]
2017-3-28 ²Ð
オーストラリアの焼き牡蠣の話

以前研修でオーストラリアを訪れた際に僕が感じた、独特の牡蠣文化があります。今回はオーストラリアの焼き牡蠣のお話です。 オーストラリアは北米と違い、オイスターバーという業態の飲食店は少なく感じました。しかし、どのレストラン […]

[続きを読む]
2017-2-21 ²Ð
牡蠣とゴルゴンゾーラチーズのペンネの話

まだまだ寒い日が続いていますが、今年も4月から春夏メニューに変更です。そこで今回は、3月でいったん終了する冬の人気メニュー「牡蠣とゴルゴンゾーラチーズのペンネ」のお話です。 イタリアのゴルゴンゾーラチーズは、イギリスのス […]

[続きを読む]
2016-12-20 ²Ð
サーフ&ターフの話

今回は、北米のレストランではしばしば目にする、「サーフ&ターフ」のお話です。 あまり聞きなれない料理名だと思いますが、海(サーフ)と牧草地(ターフ)を同じお皿の上に乗せて提供するスタイルをこう呼びます。つまり、シーフード […]

[続きを読む]
2016-12-13 ²Ð
牡蠣と季節野菜のキッシュの話

今回はフランス料理では定番の前菜、「キッシュ」のお話です。 フランスのアルザス・ロレーヌ地方の郷土料理であるキッシュは、タルト生地に、生クリームを混ぜた卵液と一緒に色々な具材を加え、チーズを乗せて焼き上げます。 皆さんも […]

[続きを読む]