専門店として、厳選した生牡蠣を年間を通してご用意しています。

独自ルートで仕入れる希少な生牡蠣も取り揃え、シェフが直接買いつける鎌倉野菜や、京丹後直送のシーフードを使った料理を、相性のいいワインと共にお楽しみいただけます。

北米の海岸沿いにあるオイスターバーを思わせる雰囲気は、各店ともカジュアルな装いでご利用いただける気軽さですが、本格的に牡蠣を楽しみたいこだわり派のお客様にも「らしさ」を感じて頂けることと思います。

全てのスタッフが牡蠣マイスター、牡蠣の専門店ならではの魅力を気軽にご堪能いただければ幸いです。

大きな窓と広々とした本店
北米のシーフードレストランのような広くて開放的な雰囲気が特徴です。
アットホームなレストランのように落ち着いてお食事を楽しめます。
家庭的な雰囲気の東口店
FISH HOUSE OYSTER BAR
明るく爽やかな店内で新鮮なオイスターをお楽しみいただけます。

FISH HOUSE OYSTER BAR
BLOG

2017-10-16 Mon
NEW
国産真牡蠣シーズン到来の話

国産の真牡蠣のシーズンは、毎年三重県を皮切りに10月の下旬より始まりますが、今年は意外な産地からスタートします。今回は、国産真牡蠣のシーズン到来のお話です。 例年この時期になると、三重県の生産者さんから「牡蠣の販売開始」 […]

[続きを読む]
2017-10-10 Tue
FISHHOUSE秋冬メニュー2017の話

当店では例年10月になると、秋冬メニューに衣替え。今回は「秋冬メニュー2017」のお話です。 今年も10月12日より新しいメニューに変更となります。国産の真牡蠣が始まり、生牡蠣のラインナップをにぎやかに飾り始めるこの時期 […]

[続きを読む]
2017-10-3 Tue
ベシャメルソースの話

急に気温が下がり、秋らしくなってきましたね。寒くなると食べたくなる、グラタンなどの濃厚な料理。今回はグラタンには欠かせない「ベシャメルソース」のお話です。 このソースはフランス料理では基本のソース。チーズや卵黄を加えたり […]

[続きを読む]
2017-9-25 Mon
オイスターバーの端境期の話

オイスターバーでは牡蠣の入荷にも四季を取り入れ、特に国産の牡蠣には端境期があります。今回は「オイスターバーの端境期」のお話です。 例年9月下旬から10月中旬頃までは、真牡蠣の流通が細く、岩牡蠣も産卵を迎えるので、生食用の […]

[続きを読む]
2017-9-19 Tue
ムール貝の話

地中海原産の黒い二枚貝、皆さんも一度は口にしたことがあると思います。今回は「ムール貝」のお話です。 もともと地中海に生息していたムール貝ですが、船底などに付着し拡散されたため、現在では世界中に分布し、港などでは必ず見かけ […]

[続きを読む]
2017-9-12 Tue
シュリンプカクテルの話

シーフードレストランで目にしたことがある人も多いと思います。今回は「シュリンプカクテル」のお話です。 海外のほとんどのオイスターバーなどで、必ずと言っていいほど見かける「ボイルシュリンプ」は、単純にゆでたエビを牡蠣などの […]

[続きを読む]
2017-9-5 Tue
FISHHOUSEのピクルスの話

おつまみやお口直しによく食べられる、ちょっと酸味のある洋風のお漬物。今回は当店の「ピクルス」のお話です。 生牡蠣からも野菜からも、つねに季節を感じられるのが当店の自慢。もちろんピクルスに使用する野菜達も季節によって変わり […]

[続きを読む]
2017-8-30 Wed
牡蠣のペンネアラビアータの話

今年の8月はなんだか梅雨時期の様な天気が続きましたが、ようやく後半になって夏らしい暑さと太陽が帰ってきました。今回はこんな時期に食べたい「牡蠣のペンネアラビアータ」のお話です。 「アラビアータ」はイタリア料理などでよく聞 […]

[続きを読む]