専門店として、厳選した生牡蠣を年間を通してご用意しています。

独自ルートで仕入れる希少な生牡蠣も取り揃え、シェフが直接買いつける鎌倉野菜や、京丹後直送のシーフードを使った料理を、相性のいいワインと共にお楽しみいただけます。

北米の海岸沿いにあるオイスターバーを思わせる雰囲気は、各店ともカジュアルな装いでご利用いただける気軽さですが、本格的に牡蠣を楽しみたいこだわり派のお客様にも「らしさ」を感じて頂けることと思います。

全てのスタッフが牡蠣マイスター、牡蠣の専門店ならではの魅力を気軽にご堪能いただければ幸いです。

大きな窓と広々とした本店
北米のシーフードレストランのような広くて開放的な雰囲気が特徴です。
アットホームなレストランのように落ち着いてお食事を楽しめます。
家庭的な雰囲気の東口店
FISH HOUSE OYSTER BAR
明るく爽やかな店内で新鮮なオイスターをお楽しみいただけます。

FISH HOUSE OYSTER BAR
BLOG

 
2016年 10月の記事一覧
2016-10-25 Tue
ラクレットの話

最近では、さまざまなチーズを使った料理が豊富にラインナップされるようになりましたね。そこで今回は「ラクレット」のお話です。アニメ「アルプスの少女ハイジ」で、ハイジが暖炉で溶かしたチーズをパンに乗せて食べるシーンがあるのを […]

[続きを読む]
2016-10-18 Tue
テリーヌの話

よく耳にするけれど、正確にはどんな料理か分からない―― という方も多いのではないでしょうか。今回はそんな「テリーヌ」のお話です。 レストランなどで1度は見かけたことのある、テリーヌと名付けられたメニュー。しかしこれ、料理 […]

[続きを読む]
2016-10-11 Tue
北海道の野菜の話

FISH HOUSEで提供しているメインの野菜が「鎌倉野菜」というお話は以前しましたが、実は北海道の野菜にも支えられています。今回は、「北海道の野菜」のお話です。 昨年からお付き合いさせていただいていている「どりーむふぁ […]

[続きを読む]
2016-10-4 Tue
一番美味しい牡蠣の話

今回はよくお客様から聞かれる、“一番美味しい牡蠣”の話です。 FISH HOUSEで取り扱う牡蠣は、つねに7~10種類、つまり産地も同じ数ということになります。国産の真牡蠣の殆どは11月頃から出荷が始まり、4月頃には産卵 […]

[続きを読む]