専門店として、厳選した生牡蠣を年間を通してご用意しています。

独自ルートで仕入れる希少な生牡蠣も取り揃え、シェフが直接買いつける鎌倉野菜や、京丹後直送のシーフードを使った料理を、相性のいいワインと共にお楽しみいただけます。

北米の海岸沿いにあるオイスターバーを思わせる雰囲気は、各店ともカジュアルな装いでご利用いただける気軽さですが、本格的に牡蠣を楽しみたいこだわり派のお客様にも「らしさ」を感じて頂けることと思います。

全てのスタッフが牡蠣マイスター、牡蠣の専門店ならではの魅力を気軽にご堪能いただければ幸いです。

大きな窓と広々とした本店
北米のシーフードレストランのような広くて開放的な雰囲気が特徴です。
アットホームなレストランのように落ち着いてお食事を楽しめます。
家庭的な雰囲気の東口店
FISH HOUSE OYSTER BAR
明るく爽やかな店内で新鮮なオイスターをお楽しみいただけます。

FISH HOUSE OYSTER BAR
BLOG

2019年 04月の記事一覧
2019-4-23 Tue
NEW
FISH HOUSEの野菜の話

オープン当初よりお世話になっている鎌倉野菜。当店にはなくてはならない名脇役として活躍しています。この度、鎌倉の野菜と併用して、自分たちでも野菜作りに挑戦してみることにしました。今回はFISH HOUSEの野菜のお話です。 […]

[続きを読む]
2019-4-16 Tue
FISH HOUSE東口店の話

東口店の開放感が最高に気持ちよい季節になりました。今回は、以前にもご紹介した東口店のお話です。 10周年を迎えようとする本店に気を取られているうちに、実は東口店も8周年を迎えておりました。ぼくが以前お世話になっていた上司 […]

[続きを読む]
2019-4-9 Tue
2019年春夏メニューの話

春と秋、年に2回のメニュー替えを行うFISH HOUSE。今回は2019年の春夏メニューのお話です。 当店は今年の年末で10周年を迎えるので、今回で19回目のメニュー替え。生牡蠣はシーズンごとに仕入れ先を変え、盛り込む鎌 […]

[続きを読む]
2019-4-2 Tue
The world’s mine oyster の話

イングランドの劇作家シェークスピアの劇中のセリフが語源となった「The world’s mine oyster」という言葉があります。今回はその言葉の意味をぼくなりに解釈してみました。 これは「世界は自分の物」などと解釈 […]

[続きを読む]