専門店として、厳選した生牡蠣を年間を通してご用意しています。

独自ルートで仕入れる希少な生牡蠣も取り揃え、シェフが直接買いつける鎌倉野菜や、京丹後直送のシーフードを使った料理を、相性のいいワインと共にお楽しみいただけます。

北米の海岸沿いにあるオイスターバーを思わせる雰囲気は、各店ともカジュアルな装いでご利用いただける気軽さですが、本格的に牡蠣を楽しみたいこだわり派のお客様にも「らしさ」を感じて頂けることと思います。

全てのスタッフが牡蠣マイスター、牡蠣の専門店ならではの魅力を気軽にご堪能いただければ幸いです。

大きな窓と広々とした本店
北米のシーフードレストランのような広くて開放的な雰囲気が特徴です。
アットホームなレストランのように落ち着いてお食事を楽しめます。
家庭的な雰囲気の東口店
FISH HOUSE OYSTER BAR
明るく爽やかな店内で新鮮なオイスターをお楽しみいただけます。

FISH HOUSE OYSTER BAR
BLOG

2017-8-22 Tue
天然岩牡蠣の身入りの話

市場などで積まれて売られている岩牡蠣を、その場で開けてもらって食べた経験はありますか? その際、岩牡蠣の選び方(身が入っていそうなものの見分け方)があります。 今回は「天然岩牡蠣の身入り」のお話です。 2年未満で市場に出 […]

[続きを読む]
2017-8-15 Tue
牡蠣の伝染病の話

牡蠣にも、人間と同じく死に至る病気があります。今回は「牡蠣の伝染病」のお話です。 1990年頃から確認されはじめた、「牡蠣ヘルペス」。これは、船舶や養殖物資などにより、フランスをはじめ世界中に広まり、近年では南半球のオー […]

[続きを読む]
2017-8-8 Tue
ホワイトミモザの話

スパークリングワインをオレンジジュースなどで割る「ミモザ」と言うカクテルはご存知ですか? 今回は白いミモザ「ホワイトミモザ」のお話です。 オレンジやミカンなど、オレンジ色の柑橘類とスパークリングワインを合わせるとミモザと […]

[続きを読む]
2017-8-1 Tue
九十九島の岩牡蠣の話

冬場の真牡蠣も絶品ですが、夏場の岩牡蠣も美味。それには理由があるのです。今回は「九十九島」の岩牡蠣のお話です。 長崎県佐世保市にある九十九島。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。大小208の島々からなるこの地域 […]

[続きを読む]
2017-7-25 Tue
ボンゴレの話

「ボンゴレ」と聞いて、ピンと来ない人は少ないと思いますが、はたして意味を知っている人はどれだけいるのでしょうか。今回はボンゴレのお話です。 ボンゴレとは、イタリア語で「ボンゴラ」と呼ばれる二枚貝の名前。見た目は日本のあさ […]

[続きを読む]
2017-7-18 Tue
甲殻類の出汁の話

あまり器用でなかった僕の修業時代。何度も失敗を繰り返しながら体で覚えた仕込みは、多々ありました。中でも忘れられない工程の1つが、甲殻類の出汁をとることでした。 皆さんは「アメリケーヌソース」や「ビスクスープ」という言葉に […]

[続きを読む]
2017-7-11 Tue
オイスターシューターの話

北米で人気の牡蠣の食べ方があります。今回は「オイスターシューター」のお話です。 アメリカ・西海岸発祥の牡蠣の食べ方に「オイスターシューター」があります。これは現地で採れる小ぶりな牡蠣「オリンピア」や「クマモト」を、トマト […]

[続きを読む]
2017-7-4 Tue
白ビールの話

牡蠣や魚介には白ワインを合わせるのが定番。でも白ビールもすごく合うのです。今回はFISH HOUSEの白ビールのお話です。 魚介にも合わせやすく、僕も個人的に好きな白ビールは、小麦をたくさん使うので白く濁っているのが特徴 […]

[続きを読む]