専門店として、厳選した生牡蠣を年間を通してご用意しています。

独自ルートで仕入れる希少な生牡蠣も取り揃え、シェフが直接買いつける鎌倉野菜や、京丹後直送のシーフードを使った料理を、相性のいいワインと共にお楽しみいただけます。

北米の海岸沿いにあるオイスターバーを思わせる雰囲気は、各店ともカジュアルな装いでご利用いただける気軽さですが、本格的に牡蠣を楽しみたいこだわり派のお客様にも「らしさ」を感じて頂けることと思います。

全てのスタッフが牡蠣マイスター、牡蠣の専門店ならではの魅力を気軽にご堪能いただければ幸いです。

大きな窓と広々とした本店
北米のシーフードレストランのような広くて開放的な雰囲気が特徴です。
アットホームなレストランのように落ち着いてお食事を楽しめます。
家庭的な雰囲気の東口店
FISH HOUSE OYSTER BAR
明るく爽やかな店内で新鮮なオイスターをお楽しみいただけます。

FISH HOUSE OYSTER BAR
BLOG

2018-7-24 Tue
牡蠣料理の話

牡蠣を使った料理といえば、皆さん何を思い浮かべますか? カキフライ、もしかするとグラタンですかね? FISH HOUSEのメニューの8割近くを占めるのは牡蠣となっています。今回は牡蠣料理のお話です。 専門店ならではの当店 […]

[続きを読む]
2018-7-17 Tue
牡蠣と夏バテ予防の話②

毎日毎日暑い日が続きますね。このままこの気温が続くと、いったいどうなってしまうんでしょうか……。今回は去年にも触れた、「牡蠣と夏バテ予防の話」の追記です。 陽ざしにさらされるこの時期、汗によって大量に失われる水分と塩分、 […]

[続きを読む]
2018-7-10 Tue
桑高農園の味来トウモロコシの話

ジメジメと嫌な天気が続きますね。こんな時期こそ、夏ならではの美味しいものを食べて気分転換したいものです。今回は当店で扱う「味来トウモロコシ」のお話です。 僕が料理をはじめたころ、トウモロコシのポタージュといえば、まず玉ね […]

[続きを読む]
2018-7-3 Tue
天然岩牡蠣の話

10数年前まで、岩牡蠣と言えばほとんどが天然ものでした。しかし最近では養殖技術が発達し、真牡蠣と同じくほとんどが養殖にシフトされています。今回は「天然岩牡蠣」のお話です。 十分な大きさに育つまで3~4年の月日がかかる岩牡 […]

[続きを読む]
2018-6-26 Tue
世界で活躍する日本産の真牡蠣達の話

世界中で養殖生産されている真牡蠣の半分以上が、日本から海を渡った種牡蠣の子孫だと知っていましたか? 今回は世界で活躍する日本産の真牡蠣達の話です。 1920年代、謎の病原性微生物によって現地の牡蠣が死滅したことで、日本の […]

[続きを読む]
2018-6-19 Tue
FISH HOUSEのデザートの話

常時2種類ご用意しているFISH HOUSEのデザートは、僕なりの考えに基づいてつくられています。今回は当店のデザートのお話です。 料理を始めたころ、よく先輩に言われたのが「食事を終えた時もっとも印象に残るのは、最初と最 […]

[続きを読む]
2018-6-12 Tue
ヴァージニカの話

聞きなれない名前ですが、牡蠣の種類の名称です。今回は「ヴァージニカ」のお話です。 よく、「牡蠣って何種類くらいあるの?」という質問を受けますが、皆さんの言っている種類とはほとんど養殖地のことで、日本で流通している牡蠣は冬 […]

[続きを読む]
2018-6-5 Tue
牡蠣と内臓肉の話

なんだか生々しい字面ですが……。牡蠣は、肉類全般と好相性なんです。今回は、牡蠣と内臓肉のお話です。 以前にも牡蠣を牛肉で挟んだ「カーペットバックステーキ」や、燻製した牡蠣にフォアグラのムースを合わせたりと、いろいろ提案し […]

[続きを読む]