ベストオイスターワイン発表の話

2018-10-23 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

このブログでも何度か取り上げてきた、「ベストオイスターワイン」。今年もノミネートされたワインの表彰式が執り行われました。今回は、ベストオイスターワイン発表のお話です。
今年も東京・白金台「八芳園」にて行われた「ワインコンプレックスINTERNATIONAL 2018」のオイスターエリアで、受賞ワインが発表されました。今年からはインポーターさん向けのトロフィーも用意され、僕もその授与に携わってきました。
“牡蠣に合うワイン”を選ぶこのイベントですが、時期によって同じ産地でも味が異なるため、どの時期のどの産地の牡蠣に合わせるかはとても難しい問題。
そんな中で選び抜かれた今年のワインは、泡に国産、白に酒精強化、赤ワインまで含まれ、その個性はさまざまでした。
インポーターさんのさまざまな思いを乗せた計217本ものワインは、審査員としても甲乙つけがたい審査でした。しかし結果は個人の意見ではなく大勢の総点数だったので、偏りなく公平に終われたと思います。
FISH HOUSEではお客さまに、より生牡蠣を楽しんでいただくために「オイスターフライト」をご提供中です。
毎月変わる3種類の生牡蠣の味わいに合わせた3種類のワインを、それぞれ50ccのグラッパグラスにて楽しんでいただけます。
当店でしか味わえないマニアックなマリアージュ、牡蠣好きなあなたにぜひ楽しんでいただきたいコンテンツです!