今年も相生牡蠣入荷の話

2019-11-19 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

木枯らしの吹く頃に毎年やって来る兵庫県「相生」産の牡蠣の入荷が始まりました。今回は今年も相生牡蠣入荷のお話です。

毎年11月になるとスタッフが首を長くして入荷を待つ相生産の牡蠣。この牡蠣は森と海が近く、広葉樹の養分をふんだんに取り込む好環境で育ちます。そのため、ほかの産地に比べて成長が早く、さらに加熱しても縮まないという優れた牡蠣が完成するのです。

当店のオープン前からお世話になっている産地の一つで、今では切っても切れない重要なおつき合いとなっております。

今年も入荷開始から身入りがよく、甘みと塩味のバランスが非常によく仕上がっています。これからどんどん大きく育っていくことを想像するだけで、大興奮です!笑 今年も頼りにしていますね、生産者の竹内さん!

さまざまな産地の牡蠣が次々と運び込まれてくるFISH HOUSE。産地直送にこだわる当店だからこそ味わえる牡蠣の食べ比べ、ぜひシーズン中に存分に堪能してください!