牡蠣とビールの話

2019-6-25 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

仕事終わりのビール、最高ですよね! 今回は牡蠣とビールのお話です。

以前にもブログで触れた黒ビール「オイスタースタウト」。もちろん牡蠣の味がするわけではなく、ビールを生産する過程で牡蠣の殻を濾過に使用しているものです。

しかし元々牡蠣はどこにもは使用されておらず、昔の牡蠣剥き夫達が仕事あがりに飲むビールの事をそう呼んでいたとか。本当に牡蠣がビール造りの工程に出てきたのは近年のようです。

FISH HOUSEでは、「YEBISU」の生や黒ビールはもちろん、魚介類と相性抜群の国産ホワイトビールのほか、アメリカを中心としたさまざまな国の瓶ビールも取り扱っております。

牡蠣との相性では白ワインばかり取り上げられがちですが、この季節は冷たい牡蠣とビールの組み合わせも捨てがたい。焼き牡蠣やフライなど、調理された牡蠣やシーフードとの相性も抜群ですよ!

来月のハッピーアワーでは、タイの「シンハービール」に生牡蠣を合わせる予定。さらにこれに合わせてタイハーブを使ったオリジナルソースもご提供します。

南国のビールと生牡蠣、そして暑い夏にピッタリのタイハーブソースで、オリエンタルなマリアージュをお楽しみください!