牡蠣と内臓肉の話

2018-6-5 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

なんだか生々しい字面ですが……。牡蠣は、肉類全般と好相性なんです。今回は、牡蠣と内臓肉のお話です。

以前にも牡蠣を牛肉で挟んだ「カーペットバックステーキ」や、燻製した牡蠣にフォアグラのムースを合わせたりと、いろいろ提案してきました。

そこで今回は、牡蠣の燻製とシェーブルチーズ、そしてリードヴォーのフリットをサラダ仕立てでご提供しております。

リードヴォーは仔牛の胸腺で、親牛になるとなくなってしまう部分なのですが、柔らかくコクのあるので、ホルモン専門店などでも人気の部位。

牡蠣とお肉の組み合わせ、なかなか想像できないかもしれませんが、是非当店ならではの新しい「サーフアンドターフ」を楽しんでください。旨いですよ!