塔の崎の岩牡蠣の話

2018-5-29 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

今まで何度かブログで触れてきた、熊本県・天草、塔の崎産の牡蠣。今回は今が旬の岩牡蠣のお話です。
生産者の西口さんは、お会いするたびに親近感がわくお人柄で、当店のスタッフからも大人気。
そんな西口さんの牡蠣養殖への情熱とこだわりが、一粒ずつにしっかりと現れ、完成度の高い状態で届けられています。
塔の崎は有明海と八代海からの潮流が合わさるポイントで、天草周辺の数ある養殖場に比べ、山からのプランクトンや栄養分に富んだ海域です。
恵まれた海とこだわりの養殖技術から生まれる牡蠣達は、真牡蠣、地牡蠣、そして今が旬の岩牡蠣と、品質がぶれることなくとにかく美味しい。どの種類を食べても、塔の崎の海の味がダイレクトに楽しめます!
ちょうどシーズンが始まった岩牡蠣は、どれを剥いても身付きがよく、ギッシリと詰まっています。今月もあとわずかとなりましたが、ハッピーアワーでもご提供しています。
これは本当に食べなくては損というレベル。日に日に暑くなってきましたので、夏バテ予防に是非FISH HOUSEにいらしてください。