カキえもんの話

2017-12-19 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

今回は、以前ブログにもご紹介した、「カキえもん」という名前の牡蠣のお話です。
ホタテに「えもんホタテ」と名付けるなど、さまざまなブランド名を冠した海産物を扱う北海道の厚岸町。もちろん牡蠣にも名付けられています。
オイスターバーに卸されるブランド牡蠣に代表されるのは3種類。宮城県で育ち厚岸の海で最後の身入れを行う「ナガえもん」、宮城の種牡蠣(牡蠣の赤ちゃん)を厚岸の海で育てて出荷する「マルえもん」、そして正真正銘、厚岸生まれ厚岸育ちの「カキえもん」です。
厚岸の語源は“牡蠣の育つ場所”というアイヌ民族の言葉から来ていますが、30年ほど前にほとんどの牡蠣が死滅するという病気にみまわれ、その姿は消えたといわれていました。
しかし近年、地元の生産者さんの努力でブランド牡蠣として復活し、FISH HOUSEにも届けられているのです。
厚岸は海水温が低く牡蠣が育つペースが非常にゆっくり。ほかの産地に比べ出荷までに時間を要するので、かけられる手間も多くなります。
その分、毎年美味しい牡蠣が仕上がるのです。今年もしっかりとした身入りの厚岸ブランド牡蠣、カキえもんを当店で是非お楽しみください!