ひがた美人の話

2017-12-12 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

大分県・中津市にユニークな牡蠣があります。今回はブランド牡蠣「ひがた美人」のお話です。
福岡県との県境、瀬戸内海に面した中津市は唐揚げで有名ですが、もともとはあさり養殖が盛んな土地。しかし近年の温暖化でアカエイなどが発生し、あさり養殖は衰退したそうです。
そこで数年前、市政をかけてブランド牡蠣を作ろうと動き出し、これが成功したおかげで今では安定して都内のオイスターバーで提供されています。
小粒でありながらしっかりとした身入りが特徴のひがた美人。実はオーストラリア・コフィンベイ産の牡蠣をモデルに作られています。
特徴はシングルシードのバスケット方式。つまり牡蠣をバスケットに入れて干潟に吊るし、潮の満ち引きを利用して海面から出たり入ったりさせ、牡蠣にストレスを与えます。このストレスによってグリコーゲンをたっぷりとため込ませるのです。
さらにバスケットで揺られる間に殻が削られ丸みを帯び、深いカップに旨味がぎっしり詰まった牡蠣が出来上がります。
今年はすでにいただいているサンプルを試食しましたが、例年以上の身入り。当店では12月15日(金)より提供開始となっています。
今年、大雨や洪水と甚大な被害を受けた中津市ですが、生産者さんの努力で素晴らしいひがた美人がFISH HOUSEに届けられます。
ぜひこの機会にお楽しみください!