ボンゴレの話

2017-7-25 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

「ボンゴレ」と聞いて、ピンと来ない人は少ないと思いますが、はたして意味を知っている人はどれだけいるのでしょうか。今回はボンゴレのお話です。
ボンゴレとは、イタリア語で「ボンゴラ」と呼ばれる二枚貝の名前。見た目は日本のあさりによく似ています。
この貝で作ったソースをベースにして仕上げるロングパスタ(スパゲッティーやスパゲッティー二、リングイネ)のことを「ボンゴレ・パスタ」と呼びます。
白ワインで蒸してソースにするのが「ボンゴレ・ビアンコ(白)」、ソースにトマトを使用するのが「ボンゴレ・ロッソ(赤)」と、それぞれ楽しみ方が違います。
FISH HOUSEでは現在、ニュージーランドの海から届く、大ぶりな二枚貝「チュアチュア」を使用したボンゴレ・ビアンコが人気です。
日本の夏を感じさせる大葉をたっぷりと合わせ、バターをふんだんに使った濃厚かつ爽やかな一皿を提供しております。
生食でもしっかり美味しいチュアチュアですが、締めのパスタとしても是非お楽しみください!