オイスターワインコンテスト2019の話

2019-9-17 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

毎年の恒例行事になってきたイベントに、今年も審査員として参加させていただきました。今回はオイスターワインコンテスト2019のお話です。

今年も例年通り、インポーターさんが厳選した“牡蠣に合うワイン”が200本近くエントリーされました。そしてそのすべてをブラインドでテイスティングし採点。僕を含む10名の審査員の総得点でさまざまな部門の受賞ワインが決められていきます。

3回目となるこのイベント。今年もこの時期が来たのかと、時間の経つのが早く感じてしまいますが、開催毎にそのクオリティーは上がり、同時に点数も拮抗しています。今回は特に優秀なワインが多かったので採点は非常に難しく、かなり悩みました。実際、受賞に至らなかったワインの中に僕好みのものも多く含まれています。

ぶどう品種やアロマと酸のバランスなどの個人的な好みは置いておいて、牡蠣とのマリアージュだけに集中して採点され、選ばれたオイスターワインは10月16日のワインコンプレックス東京にて授賞式が執り行われます。どのワインが受賞したのかはもう少しの間内緒です(笑)

FISH HOUSEでは今回受賞したワインからさらに僕が選んだ数本を秋冬メニューに反映します。より一層楽しんでいただけるワインリストにして皆様のお越しをお待ちしております!

 

※現在の春夏メニューでは2018年のオイスターワインをご提供中です。