輸入牡蠣の話

2019-9-3 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

今年は岩牡蠣の入荷時期が短く終わってしまいそうです。今回は岩牡蠣と同じ時期に活躍する輸入牡蠣の話です。

例年ですとまだまだ国産の岩牡蠣が賑わう季節なのですが、今年はどこの産地も出荷時期が短くなり寂しい限りです。でも一年中旬の牡蠣が楽しめる当店では、南半球をはじめとした海外産の牡蠣が活躍し始めます。

ニュージーランドからはオーガニック認証を受けた海で育った牡蠣、アメリカからは卵を持たず一年中身入りの良いピュージェット湾産の牡蠣、そして珍しいヴァージニカ種と呼ばれる牡蠣も運ばれてきます。

海外の生食用の出荷基準は日本よりも厳しく、海に少しでも問題が生じるとすぐに出荷が止められてしまいます。しかしとにかく海が綺麗なので、滅菌海水などでの浄化が不必要。タイミングさえ合えば日本の牡蠣よりも水揚げ後早く当店に届くこともあるのです。

流通経路が発達した現在では国産も輸入も新鮮なままテーブルを賑やかにしてくれます。FISH HOUSEでは現在、海外産のほか、北海道産の真牡蠣、日本各地の岩牡蠣と安定のラインナップ。「種類が少ない季節」なんて言わせません! ぜひ各種生牡蠣を食べにお立ち寄りください。