今年も塔の崎の岩牡蠣の話

2019-4-30 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

幾度となくブログで触れている熊本県上天草の塔の崎。今年もその時期がやって参りました。今回は塔の崎の岩牡蠣の話です。
今となっては切っても切れないお付き合いとなった上天草の生産者西口さん。今年も地牡蠣のシーズン終了ととも岩牡蠣の出荷が始まりました。
当店で提供するのは小ぶりなサイズでありながら身がしっかりと詰まった素晴らしい出来栄え。今年も抜群の出来栄えです。
他の産地にはなかなかない恵まれた環境で育まれたここの牡蠣達は地牡蠣、真牡蠣、そして岩牡蠣と、どれもブレる事なく安定した身入り。また、ダイレクトに海の味を楽しめる至高の一粒と仕上がっております。
令和元年最初のハッピーアワーを飾るのは、この塔の崎の岩牡蠣となりました。合わせるのはミュスカデ地区で作られるムロンドブルゴーニュと言う名の白ワイン。
きりっとした酸味に独特なアロマが岩牡蠣と相まって更に美味しく楽しんでいただけるはずです。
この機会を逃す手はないですよ!