メロワールの話

2019-3-26 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

最近読んだ文献の中に興味深い造語がありました。今回は「メロワール」のお話です。

フランス語で「テロワール」。こちらの言葉は皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか? これは、ワインやコーヒー、お茶などが育つための「場所」、「気候」、「土壌」など、農作物を取り巻く全ての自然環境の特徴のことをいいます。

一方、フランス語で海を意味する「La mer ラ・メール」。この、テロワールとラ・メールからできた言葉がメロワール。牡蠣を扱う人間からすると非常に気になる造語です。

プランクトンの多い海、干潟、リアスの海岸、深場と浅場、それぞれの汽水域によって全く違った味に仕上がるのが牡蠣養殖。さらに生産者さんのこだわりが仕上がりにも影響するので興味が尽きません。

そろそろ国産の真牡蠣が岩牡蠣へとスイッチしていく端境期が始まります。真牡蠣シーズンの最後にワインのテロワールを楽しみながら、牡蠣のメロワールを味わってみてはいかがでしょうか?