春香の話

2019-3-5 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

春を告げる岩牡蠣「春香」。今年もそのシーズンがやってきました。

今回は春香のお話です。

昨年は2年前の稚貝の疲弊死により数が足らず、出荷する事がないままシーズンを終えてしまった春香。今年も少量の出荷となるらしいのですが、無事入荷し始めました。

島根県の離島、隠岐の島の1つである中ノ島・海士町で生産されるこの牡蠣は、岩牡蠣と言っても真牡蠣のように塩味と旨味のバランスがいいのが特徴。身はしっかりとしていて食べやすく、非常にユニークなキャラクターの持ち主です。

春香の出荷を、毎年首を長くして待たれるお客さまも多数いらっしゃいます。昨年は残念な一年となりましたが、今年はしっかりと身が太って帰ってまいりました。

例年では5月までの出荷が可能ですが、今年はそれほどの生産量には追いついていないようです。でも今ならFISH HOUSEの生牡蠣ラインナップに登場しております。

3月中旬より、オイスターワインコンテストにて当店が選出したマデイラ酒「デルヴィーノ」とのキャンペーンも実施予定です。春香とマデイラのマリアージュを1,000円にてご提供いたします。

辛口のマデイラ酒と春香の味わいがベストマッチする、3月末までの期間限定です。是非この機会にお試しください!