九十九島の真牡蠣の話

2019-1-8 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

以前にも岩牡蠣でご紹介した「九十九島」。今回は九十九島の真牡蠣のお話です。
長崎県佐世保市にある九十九島。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。大小208の島々からなるこの地域は、国立公園に指定されている綺麗な海で有名です。
もともと真珠養殖が盛んでしたが、今では牡蠣養殖でも有名な、地場産業のひとつです。養殖業に適した理由は、せまい湾が沈水によって複雑に入り込んだリアス海岸なので、海の中まで山の斜面がある状態であること。これによって海底からも湧き水が出る非常にいい環境なのです。さらに、斜面の表層にはプランクトンが豊富なうえに、沢山の島々からなるため波が穏やかな事と言えるでしょう。
このプランクトンを牡蠣達に沢山捕食させようと、養殖業者の末竹さんは垂下式牡蠣筏から下がるロープを引っ張って筏を斜めにするなどの工夫をして、美味しい牡蠣を作り上げています。
恵まれた環境に加え、たゆまぬ努力からなる養殖技術。だからこそおいしい牡蠣が当店へと運ばれてきているのです。
ただ今当店ではこの九十九島産の真牡蠣と、先日研修でお邪魔した勝沼の丸木葡萄酒さんの「甲州ワイン新酒」のマリアージュを、ハッピーアワーにて楽しんでいただけます。
国産真牡蠣のトップシーズンとなりました。今しか味わえない組み合わせをぜひ当店で楽しんでみてください。