モルトビネガーの話

2018-11-20 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

皆さんは「モルトビネガー」というお酢を口にしたことがありますか? 今回はモルトビネガーのお話です。
麦芽酢とも呼ばれるこのビネガーは、ビールやウイスキーの原産国で有名な、イギリスの定番調味料。特に郷土料理の「フィッシュ&チップス」には欠かせない味付けの1つで、当店のそれにもイギリス産のモルトビネガーを使用しております。
欧米のワインビネガーや日本の米酢に比べると、味・香り共に癖があり酸も強いのが特徴。揚げ物のしつこさを消してくれるので、フィッシュ&チップスとの相性はぴったりです。
ただ、他の料理への汎用性はあまりないように思います。
この度FISH HOUSEでは広島県の「尾道造酢」さんによって造られた“生牡蠣に合うモルトビネガー”が卓上調味料として新登場です!
このビネガーは、酸が立ちすぎずまろやかでコクもあるので、非常に上品。生牡蠣にあふれるほど注いでもむせることなく、牡蠣との調和を楽しめます。
このビネガーを取り入れているオイスターバーは、いまのところ全国で当店だけ。牡蠣の新しいお楽しみツールの1つとしてぜひ楽しんでください!