牡蠣料理の話

2018-7-24 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

牡蠣を使った料理といえば、皆さん何を思い浮かべますか? カキフライ、もしかするとグラタンですかね? FISH HOUSEのメニューの8割近くを占めるのは牡蠣となっています。今回は牡蠣料理のお話です。

専門店ならではの当店の牡蠣料理は、定番の焼き牡蠣からオリジナルの牡蠣のパエリアまで豊富に取り揃えていますが、ほかのレストランとは少し考え方が変わっています。

一般的なシェフはメインの食材に合わせてソースや付け合わせを考え、それをお皿の上で表現します。

でも僕の場合は、カナダのホテルや独立前に働いていた日本のレストランで教えてもらったことや自分で勉強してきたことを、1度バラバラにして、それを牡蠣という食材に組み合わせて作りなおします。

つまり、スペインやタイなど、各国の料理にもし牡蠣を合わせるなら、どういう状態がベストマッチするかを考えるのです。

そんな当店の一風変わった牡蠣料理はいつでもお客様に満足していただけるようにと、日々成長を続けております。時々不思議に思われるような一皿も登場しますが、僕の経験を生かした集大成です!

次回ご来店の際は是非、定番メニュー以外のオリジナル料理をお楽しみください!