牡蠣と夏バテ予防の話②

2018-7-17 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

毎日毎日暑い日が続きますね。このままこの気温が続くと、いったいどうなってしまうんでしょうか……。今回は去年にも触れた、「牡蠣と夏バテ予防の話」の追記です。

陽ざしにさらされるこの時期、汗によって大量に失われる水分と塩分、そして人間の体に欠かすことのできないミネラル。その全てを補えるのが牡蠣なんです。

まず、冷たいビールやサワーなどの飲みすぎで低下する肝機能を、牡蠣のグリコーゲンやタウリンが補強します。さらに鉄や亜鉛は味覚障害と貧血を防ぎ、体に力をみなぎらせてくれるだけでなく、免疫力も強化。そしてカルシウムは精神安定と血液の酸化防止、肉類などに偏りがちな現代の食生活から動脈硬化の予防にも役立ちます。

つまり牡蠣は夏に欠かせないというわけです! FISH HOUSEでは1年中いつでも牡蠣のシーズン真っ只中。今の時期は、夏が旬の岩牡蠣に北海道産の真牡蠣、南半球の牡蠣などもご用意しています。

キンキンに冷えた白ワインと一緒に皆さまのご来店をお待ちしております!