天然岩牡蠣の話

2018-7-3 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

10数年前まで、岩牡蠣と言えばほとんどが天然ものでした。しかし最近では養殖技術が発達し、真牡蠣と同じくほとんどが養殖にシフトされています。今回は「天然岩牡蠣」のお話です。

十分な大きさに育つまで3~4年の月日がかかる岩牡蠣ですが、最近では天然の小さな岩牡蠣を栄養のある海域で蓄養し、育成のスピードを速める工夫をしている生産者さんも。こうすることで産地によっては、安定した身入りの岩牡蠣が流通し始めています。

しかし一方で、天然の小さな岩牡蠣が乱獲によって減っているのも事実。天然モノの希少価値は、年々上昇しているのが現状です。

FISH HOUSEで扱う天然岩牡蠣は年間を通して1つの産地のみ。それは四国徳島の吉野川河口付近でとれるものです。

今年は瀬戸内海で貝毒が発生したために出荷が遅れましたが、先週末より入荷開始しました。店舗に届くのは毎週金曜日のみなので、週末でなければ出会えないレアな牡蠣です。

その大きさは大人の手のひらをゆうに超え、開けてみれば僕が思わずニヤニヤしてしまうほどの身入りの良さ。厳選したもののみ送ってくれる漁師さんに感謝です!

是非この時期だけのお楽しみとして、当店自慢の天然岩牡蠣味わってみませんか?