FISH HOUSEのクリスマスの話

2017-12-5 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

今年もあっという間に12月です。当店もクリスマスツリーが飾られ、次第に賑やかな雰囲気になってきました。今回はFISH HOUSEのクリスマスのお話です。
「師走」と聞くと、大掃除や年賀状、忘年会などに追われているうちに過ぎ去っていく、バタバタとしたイメージでしょうか。
当店の12月は、国産の牡蠣が最盛期を迎えるシーズンのはじまりで、一年でもっとも盛り上がる時期。そして、クリスマスメニューをご提供する月でもあります。
クリスマスだけの特別メニューには、普段ご用意しない肉料理やクリスマスデザートなどがございますが、なんと言ってもおすすめは「シーフードメドレー」。フランスでは「フリュイドメール」と呼ばれる、新鮮な海鮮の盛り合わせです。
当店では、生牡蠣はもちろん、ムール貝の冷製やズワイ蟹のタルタル、オセトラキャビアを乗せた生牡蠣など、スペシャル感たっぷりのプレートとなります。
12月19日からクリスマス当日の25日までのご提供。今年のクリスマスはFISH HOUSEのディナーで過ごされてはいかがでしょう。