ベストオイスターワインの話

2017-10-24 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

先日FISH HOUSE本店で開催された初めてのイベント「ベストオイスターワイン選考会」。“牡蠣に合うワインとは?”という趣旨の、ワインのブラインドテストでした。今回はこの、「ベストオイスターワイン」のお話です。
皆さんが持つ、牡蠣に合うワインのイメージはやはり、白ワイン、特に「シャブリ」でしょうか? 勿論、石灰質の土壌から生まれるシャブリは、牡蠣との相性抜群です。
しかし今回行われたイベントでは、白ワインだけではなく赤ワインやロゼ、スパークリングのほか、甘くキレのあるマデイラワインなどの変わり種も交じっており、大変興味深いイベントとなりました。
僕の好みはキレのあるアロマ漂う白ワイン、一方マネージャーの林はキレキレの辛口白ワインが好みです。同じ現場で仕事をしていても好みは、各々で分かれます。
今回のイベントは、牡蠣の生産者さまをはじめ、都内の有名オイスターバースタッフ、ソムリエの方などさまざまな業種の方々で“牡蠣とワイン”という共通のカテゴリーでテイスティングを行いました。
さまざまなブラインドのワイン計82本のエントリーから、10本のベストオイスターワインが選ばれ、さらに真牡蠣、岩牡蠣、海外産のそれぞれの個性に合ったワインがノミネート。当店で取り扱っているワインももちろん上位に食い込んでおりました。
今回ノミネートされたワインの中の数種類を、各地の生牡蠣と合わせながら飲み比べを楽しむ「オイスター フライト マリアージュ」も計画中です。
牡蠣とワイン、どちらも大好きというみなさま、次回ご来店の際にはスタッフにご自身の好みを伝えて、牡蠣とワインのマリアージュを楽しまれてはいかがでしょうか。