牡蠣の伝染病の話

2017-8-15 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

牡蠣にも、人間と同じく死に至る病気があります。今回は「牡蠣の伝染病」のお話です。
1990年頃から確認されはじめた、「牡蠣ヘルペス」。これは、船舶や養殖物資などにより、フランスをはじめ世界中に広まり、近年では南半球のオーストラリアでも事例があります。
直近では昨年、オーストラリアのタスマニアを中心に爆発的に広がりました。稚貝がもっとも致死率が高く、今年の真牡蠣市場に深刻な打撃を与えています。
ただこのヘルペスに感染すると、牡蠣は私たちの口に入る前に死んでしまうので、人間への感染はあり得ないと考えていいでしょう。
もちろんFISH HOUSEで取り扱う牡蠣も例外ではありません。これから旬を迎えるにも関わらず、終売を告げなければならないのが、オーストラリアの「コフィンベイ」です。
生産者のブレンデン氏の努力で、切らすことなく入荷していましたが、8月いっぱい持つかどうかという現状。本来であれば夏のラインナップのトップを飾る牡蠣なだけに、非常に残念です。
ぜひ今月中に、希少な牡蠣「コフィンベイ」をお楽しみください。そして、来年には安定して再入荷することに期待しましょう!