オイスタースタウトの話

2017-2-14 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

牡蠣とスタウト(黒ビール)という組み合わせはどこから始まったのでしょうか。今回は「オイスタースタウト」のお話です。
牡蠣養殖の盛んなアイルランドでは、生牡蠣に常温の黒ビールを合わせるのが常識。海外産の牡蠣に黒ビールのカラメルのようなコクを合わせれば、相乗効果が生まれ、牡蠣の旨味を一気に引き上げてくれます。
海外に残る牡蠣の古い専門書には、黒ビールを使用した牡蠣のシチューなんて一品も出ているほどです。
ところで、オイスタースタウトと呼ばれる黒ビールがありますが、牡蠣の味がするわけではありません。ビールを生産する過程で牡蠣の殻を濾過に使用しているのです。
最近では海外だけでなく、日本の有名な産地でもこのオイスタースタウトが生産されています。お土産として販売されるほどポピュラーになってきているのです。
FISH HOUSEではただ今、ベルギー産のオイスタースタウトをご用意。春先に向けて国産の牡蠣たちも少しずつ旨味を増し始めてきます。
この機会に是非オイスタースタウトとのマリアージュ楽しんでみてはいかがでしょうか。