FISH HOUSEのブラッディーシーザーの話

2017-1-24 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

以前研修で、マネージャーの林とアメリカ西海岸を回った時に見つけた、すごいカクテルがあります。今回は当店の「ブラッディー シーザー」のお話です。
ウォッカをトマトジュースで割ると「ブラッディー メアリー」。これは、プロテスタントを300人処刑し、“血まみれのマリー”と呼ばれた16世紀のイングランド女王、マリー1世からとったそうです。対してウォッカをトマトジュースとクラムジュース(今ではクラマトというハマグリエキスが入ったトマトジュースが一般的)で割るとブラッディー シーザーになります。これは、ローマ帝国のジュリアス・シーザーから取ったネーミングだそうです。
日本ではあまりメジャーではないブラッディー シーザー。どうやらルーツは僕にもゆかりのあるカナダらしく、僕がカナダのホテルにいた頃も、バーのメニューに載っていたのを覚えています。
林と訪れたロサンゼルスの「FISH BAR」という場所で見つけオーダーしたところ、カクテルの上にベーコンや海老が乗っていて、カクテルというより、むしろ食事のようでした。そこで、当店でも是非メニューに取り入れようと試行錯誤した末に出来上がったのがFISH HOUSEオリジナルのブラディー シーザー。
ベースはオーソドックスですが、中にはホースラディッシュ、ベーコン、海老にオリーブ、そしてもちろん生牡蠣。しっかりと海を感じられる一杯です。
グラスの最後に残る生牡蠣は、ドリンクの塩分で程よく締まり、旨味も濃縮しています。
次回ご来店の際は是非、この当店ならではの贅沢な一杯をお楽しみください!