サーフ&ターフの話

2016-12-20 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

今回は、北米のレストランではしばしば目にする、「サーフ&ターフ」のお話です。
あまり聞きなれない料理名だと思いますが、海(サーフ)と牧草地(ターフ)を同じお皿の上に乗せて提供するスタイルをこう呼びます。つまり、シーフードとお肉です。
例えばロブスターのグリルとステーキや、ガーリックシュリンプとポークソテーなど、1枚のお皿にシーフードとお肉をダイナミックに組み合わせる発想は、いかにも欧米らしいですよね。
サーフ&ターフは、もちろん北米のオイスターバーでも人気。当店も、今年のオリジナルクリスマスメニューのメインとして提供いたします。
内容は、牛肉の赤ワイン煮込みと牡蠣のソテー。とろりと柔らかく煮込んだ濃厚な牛バラ肉に、ソテーした播磨灘産のミルキーな牡蠣を一緒に頬張れば、まさに至福のひと時。昨年の「カーペットバッグステーキ」とは、またひと味違うお肉と牡蠣のコラボレーションをお楽しみいただけます。
クリスマス限定メニューですので、ぜひこの機会にご堪能ください。
※クリスマス時期は大変混雑が予想されます。早目のご予約をおすすめします。
※サーフ&ターフは本店限定メニューです。