厚岸産「まるえもん」の話

2016-8-2 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

今回は、8月の「牡蠣とワインのマリアージュ」でもご用意している、北海道・厚岸産の牡蠣「まるえもん」のお話です。
ブランド牡蠣の産地としても名高い厚岸は、汽水域の厚岸湖と厚岸湾からなる、牡蠣養殖には絶好の自然環境。しかし1970年代初頭、この地域の牡蠣の殆どが謎の死滅を遂げてしまいました。今では数少ない当時の生き残りの牡蠣と一緒に、宮城県産の牡蠣を育てています。
ここで採れるブランド牡蠣は、宮城県で育てて厚岸の海で最後の仕上げをする「ながえもん」、厚岸生まれの種牡蠣で厚岸育ちの「かきえもん」、そして宮城から種牡蠣を持って来て厚岸の湖と厚岸湾で育てた「まるえもん」の3種類。
なかでも「まるえもん」と「かきえもん」は他の産地に比べて水温が低いので、出荷までに本州の養殖場より1.5倍ほど時間が長くかかります。つまり、海水温が低いとゆっくり育つので、小ぶりでありながらとても味わい深い牡蠣に仕上がるのです。
FISH HOUSEではこの「まるえもん」のほか、同じく厚岸湾に面した海で育てられた「仙鳳趾」も取り揃えていますので、ぜひこの時期が旬の厚岸の海の恵みをご堪能ください。