フィッシュハウスワインの話

2016-6-21 Tue

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

今回は、店名を冠した「FISH HOUSE」という白ワインのお話です。
よくお客さまに『オリジナルのワイン?』と聞かれる、当店のハウスワインFISH HOUSE。実は10年前に僕が惚れこんだこのワインの名前を、店名にしたんです。
所謂ニューワールド呼ばれるこのFISH HOUSEは、アメリカ・ワシントン州・コロンビアヴァレー産で、僕が出会った10年前の品種はシャルドネ(現在はソービニョンブラン)でした。『なんて分かりやすい名前のワインなんだろう』と思ったことを記憶しています。雑味もなくスッキリとした飲み口で、柑橘類をほのかに思わせるような後口が特長。すぐに僕の大好きなワインとなり、独立する時はこの名前を店名にしようと決めたのです。
そして当時このワインのプロデューサーだったチャールズ・スミス氏(現在は会社を売却しオリジナルのワインを作られています)は当店のオープン直後に来店してくださり、『僕が手掛けたワインが異国のオイスターバーの店名になっているなんて……』と、非常に感動されていました。
魚介類全般に合わせやすく、もちろん牡蠣とも相性抜群のFISH HOUSE。店名のルーツとなるこのハウスワイン、ご来店の際には是非一度お試しください。