2019-7-16 ²Ð
NEW
フィッシュハウスマルシェの話

野菜を買いに鎌倉に通いはじめて十数年――。 ついに千葉の野田に畑まで借りてしまいました。今回はマルシェ開催のお話です。 3月の種まきから始まった自社農園「FISH HOUSE FARM」。根菜や葉物類が終わり、今はトマト […]

[続きを読む]
2019-7-9 ²Ð
メロンのスープの話

当店ではデザートに必ず季節の果物を取り入れています。メロンに桃、葡萄にキウィとスープになる定番果物がありますが、今の時期は熟したメロンが非常に美味。今回は当店の初夏の定番「メロンのスープ」のお話です。 暑い季節にはヨーグ […]

[続きを読む]
2019-7-2 ²Ð
牡蠣の開け方の話

殻付き生牡蠣をもらっても、開け方がわからない、硬くて開けられない! なんていう声をよく聞きます。今回は簡単な牡蠣の開け方のお話です。 当たり前ですが僕たちのスタンダードは、生牡蠣を素早く開けてお客さまに提供することです。 […]

[続きを読む]
2019-6-25 ²Ð
牡蠣とビールの話

仕事終わりのビール、最高ですよね! 今回は牡蠣とビールのお話です。 以前にもブログで触れた黒ビール「オイスタースタウト」。もちろん牡蠣の味がするわけではなく、ビールを生産する過程で牡蠣の殻を濾過に使用しているものです。 […]

[続きを読む]
2019-6-18 ²Ð
2019年の岩牡蠣の話

そろそろトップシーズンに近づいてまいりました。今回は2019年の岩牡蠣のお話です。 5月頃の水温上昇と同時に産卵を迎える真牡蠣に対して、ゆっくりと産卵が進むため夏に旬がやって来る岩牡蠣。夏牡蠣とも呼ばれるこの牡蠣は日本固 […]

[続きを読む]
2019-6-11 ²Ð
厚岸ブランド牡蠣の話

今なら当店で厚岸産の牡蠣の食べ比べが可能です。今回は厚岸ブランド牡蠣の話です。 以前にも触れたことのある厚岸のブランド牡蠣は3種類。宮城で育ち半成貝になってから厚岸湾に移し、成長させるのが「ナガえもん」。また、宮城生まれ […]

[続きを読む]
2019-6-4 ²Ð
ジンジャーエールの話

今回は、今年の春夏メニューより提供している自家製のジンジャーエールのお話です。 沢山の飲料メーカーから発売されているジンジャーエール。シロップやショウガの辛味を調整しながらアレンジすると、いつもとは違った自分好みの美味し […]

[続きを読む]
2019-5-28 ²Ð
アイスクリームの話

平均気温が23度を超えると、人はアイスクリームが食べたくなるらしいと聞いたことがあります。今回は当店のアイスクリームのお話です。 以前ブログに、デザートには常に季節感がでるよう、旬のフルーツをつかうなどの工夫をしていると […]

[続きを読む]
2019-5-21 ²Ð
店を創る話

当店の元スタッフがここ最近たて続けにオーナーシェフとして独立しました。僕としては嬉しい限りです。今回は「店を創る」お話です。 独立開業をするには、自分のコンセプトに合った物件選び、スタッフ選考、内装、原価計算からバランス […]

[続きを読む]
2019-5-15 ¿å
2019年仙鳳趾の牡蠣の話

普段から問い合わせの多い、北海道厚岸湾「仙鳳趾」の真牡蠣。毎年6月になると出荷が始まるのですが、今年はちょっと事情が違うようです。今回は2019年の仙鳳趾のお話です。 今FISH HOUSEでは、冬の真牡蠣から夏の岩牡蠣 […]

[続きを読む]
2019-5-7 ²Ð
飲食店の賄いの話②

以前にもお話しましたが、今回も飲食店の全ての基本が詰まっている賄いのお話です。 賄いが美味しいかどうかは、生まれ育った環境もありますし、料理人になった後の意識改革も大きな要因になってくると思います。 賄いを作るということ […]

[続きを読む]
2019-4-30 ²Ð
今年も塔の崎の岩牡蠣の話

幾度となくブログで触れている熊本県上天草の塔の崎。今年もその時期がやって参りました。今回は塔の崎の岩牡蠣の話です。 今となっては切っても切れないお付き合いとなった上天草の生産者西口さん。今年も地牡蠣のシーズン終了ととも岩 […]

[続きを読む]
2019-4-23 ²Ð
FISH HOUSEの野菜の話

オープン当初よりお世話になっている鎌倉野菜。当店にはなくてはならない名脇役として活躍しています。この度、鎌倉の野菜と併用して、自分たちでも野菜作りに挑戦してみることにしました。今回はFISH HOUSEの野菜のお話です。 […]

[続きを読む]
2019-4-16 ²Ð
FISH HOUSE東口店の話

東口店の開放感が最高に気持ちよい季節になりました。今回は、以前にもご紹介した東口店のお話です。 10周年を迎えようとする本店に気を取られているうちに、実は東口店も8周年を迎えておりました。ぼくが以前お世話になっていた上司 […]

[続きを読む]
2019-4-9 ²Ð
2019年春夏メニューの話

春と秋、年に2回のメニュー替えを行うFISH HOUSE。今回は2019年の春夏メニューのお話です。 当店は今年の年末で10周年を迎えるので、今回で19回目のメニュー替え。生牡蠣はシーズンごとに仕入れ先を変え、盛り込む鎌 […]

[続きを読む]
2019-4-2 ²Ð
The world’s mine oyster の話

イングランドの劇作家シェークスピアの劇中のセリフが語源となった「The world’s mine oyster」という言葉があります。今回はその言葉の意味をぼくなりに解釈してみました。 これは「世界は自分の物」などと解釈 […]

[続きを読む]
2019-3-26 ²Ð
メロワールの話

最近読んだ文献の中に興味深い造語がありました。今回は「メロワール」のお話です。 フランス語で「テロワール」。こちらの言葉は皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか? これは、ワインやコーヒー、お茶などが育つための「場 […]

[続きを読む]
2019-3-21 ÌÚ
FISH HOUSEのインバウンド対策の話

今年のラグビーワールドカップに続き、いよいよ来年は東京オリンピックですね。これを受けて、海外から来日される人がどんどん増えていますよね。今回は当店の「インバウンド対策」のお話です。 そもそもこれを機に特別なことをしなくて […]

[続きを読む]
2019-3-12 ²Ð
苫小牧の北寄貝の話

先日研修でお邪魔した苫小牧。今回は「北寄貝の話」です。 日本一の北寄貝の漁獲量を誇る苫小牧。先日、その蓄養施設に研修で行ってまいりました。 浜あげされたものはもちろん、道内中の北寄貝が集まり一年中水槽が賑やかなこの施設。 […]

[続きを読む]
2019-3-5 ²Ð
春香の話

春を告げる岩牡蠣「春香」。今年もそのシーズンがやってきました。 今回は春香のお話です。 昨年は2年前の稚貝の疲弊死により数が足らず、出荷する事がないままシーズンを終えてしまった春香。今年も少量の出荷となるらしいのですが、 […]

[続きを読む]
2019-2-26 ²Ð
相生牡蠣のベストシーズンの話

例年この時期になると素晴らしい身入りになってくれる、兵庫県・相生産の真牡蠣。 その最盛期が今年もやってきました。今回は相生牡蠣のベストシーズンのお話です。 先日イベントで相生産の殻付き牡蠣を素焼きで提供しましたが、身の大 […]

[続きを読む]
2019-2-24 Æü
10年目を迎えたFISH HOUSEの話

先日京都に住んでいたころの幼馴染がお店を訪ねて来てくれ「10年も続けられて、大したものだなぁ」と言ってくれました。確かに10年間色々ありましたが、自分なりの変わらぬ信念を持ち続けられたからこそ、今に至るんだと思います。 […]

[続きを読む]
2019-2-12 ²Ð
オイスターソースの話

皆さんの家庭の冷蔵庫にも入っていますか? 今回は「オイスターソース」のお話です。 中国は牡蠣の消費量・生産量ともに世界一。この国で牡蠣は生食や加熱調理はもちろん、調味料として加工されたり漢方薬に使われるなど、消費方法は多 […]

[続きを読む]
2019-2-5 ²Ð
牡蠣とノロウィルスの話④

立春を過ぎましたが、春はまだ先。乾燥にも気をつけたい今日この頃です。今回は、何度となくブログで取り上げてきた、「牡蠣とノロウィルス」のお話です。 牡蠣が美味しい時期について回るこの話題。インフルエンザが猛威を振るいメディ […]

[続きを読む]